近江カントリー倶楽部

今回のクライアント

近江カントリー倶楽部

http://www.omicc.co.jp/

ドローンの空撮を利用した理由を教えてください。

近江カントリー倶楽部には、全長6800ydの広々としたフェアウェイ、そして近江富士を背景に豪快なスイングを楽しめる全18ホールがあります。起伏の少ない地形で各ホールの高低差が少ない関西でも珍しいコースを、もっと沢山のゴルフファンにお伝えできる映像をドローンから撮影して欲しい。

動画

画像

今回使用した機体

Phantom3 advanced

最大フルHD 60p記録が可能な内蔵カメラを搭載したマルチコプターです。飛行最大距離2000m、位置情報GPS/Glonassに対応したアドバンスモデルです。

静止画動画赤外線カメラ

今回使用したカメラ

  • 可視カメラ

標準カメラ

Phantom 4 Proは従来のPhantomシリーズと比べてよりパワフルな動画処理性能を持ち、1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載。
H.264フォーマットで4K動画を60fps、H.265フォーマットでは30fpsで撮影し、最大ビデオビットレートはともに100Mbpsです。
静止画はAdobe DNG RAWフォーマットに対応。一般的な地上カメラと同じようにパワフルです。
特別に設計されたレンズは7群8枚構成で、空撮用に最適化しました。
機体が高速飛行中や、高速で動く被写体の撮影時には、DJI初採用のメカニカルシャッターを使用することで、映像が歪んでしまうローリングシャッター現象を回避できます。

その他のお客様の導入事例

お客様