アールカート合同会社

今回のクライアント

アールカート合同会社 代表 中村 賢一 様

http://www.r-kart.jp/

ドローンの空撮を利用した理由を教えてください。

スポーツカート耐久イベントの普及と振興にあたり、本イベントを知っていただく為の映像が必要でした。
ハイスピードでコーナも攻めがいのある走っていて気持ちのよいサーキット。
コース脇で撮る映像には限界があり走行中の車両にもなかなか近付けない状態の中、ドローンの空撮により従来とはまた異なる迫力のある映像を撮影していただきました。

動画

画像

今回使用した機体

Phantom4 PRO

Phantom 4 Proは従来のPhantomシリーズと比べて、よりパワフルな動画処理性能を持ち、1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載し、4K/60fpsの動画と14fpsのバーストショット (静止画の連続撮影)を撮影できます。機体の本体にチタン合金とマグネシウム合金構造を採用して敏捷性を高め、軽量化されたPhantom 4 Proの重量は、Phantom 4と同程度に抑えています。FlightAutonomy (フライトオートノミー)システムは、後方にデュアル・リア・ビジョンセンサー、左右に赤外線センサーが追加され、合計で5方向にある障害物を認識するので、GPSがなくても障害物を回避しながら安定した飛行が可能です。

静止画動画赤外線カメラ

今回使用したカメラ

  • 可視カメラ

標準カメラ

Phantom 4 Proは従来のPhantomシリーズと比べてよりパワフルな動画処理性能を持ち、1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載。
H.264フォーマットで4K動画を60fps、H.265フォーマットでは30fpsで撮影し、最大ビデオビットレートはともに100Mbpsです。
静止画はAdobe DNG RAWフォーマットに対応。一般的な地上カメラと同じようにパワフルです。
特別に設計されたレンズは7群8枚構成で、空撮用に最適化しました。
機体が高速飛行中や、高速で動く被写体の撮影時には、DJI初採用のメカニカルシャッターを使用することで、映像が歪んでしまうローリングシャッター現象を回避できます。

その他のお客様の導入事例

お客様